<   2006年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

Lima エロと拷問、そして私は風邪

今書いていたことは全部消えてしまった。もう書く気力がない。

とりあえず、簡単に。

昨晩、コーヒー飲みすぎ。バファリンでさらに胃荒れる。
夜汗ひどくなり、しかも頭痛。おまけに、コーヒーの利尿作用で10分おきにトイレ。
3時にやっと睡眠。

本日。天野博物館に予約。1530より団体について博物館見学の予定。無料。

それまで暇なので、いくつかの博物館へ。
エロがあるという評判のラファエロ・ラルコ・エレーラ博物館へ。
エロ以外がすばらしい。壷の部屋は最高。
さて、エロは?
若い女性が必死にシャッターきっていた。壷のデコは色々な体位の男女であり、あんなことやこんなことをしていた。性器も露骨な描写である。なかなかよい。でもいやらしいと思う。地球の歩き方にはいやらしくなくむしろ芸術的と書いてあるが、個人の主観の問題のようだ。イスラームで許されていない性器と口の接触までそこにはあった。
おもしろいことに、これらの一部は次の歴史自然史博物館にもあった。欧米人のツアーのバスはこの博物館によるようだ。学割で13Sol(1USD=3.33Sol)

歴史自然史博物館。
これもなかなかよい。エレーラと同様に遺跡の発掘品を時代ごとに展示。ただし、こちらはもうちょっと編年形式。2Pac(暗殺されたラップミュージシャン)の元になったトゥパック・アマルについてや、Fujimoriの映像もあった。(2Pacは親が子どもにつけたのがトゥパックだった。)学割で3Sol。

この後は、とりあえず、宗教裁判博物館に行く予定。
拷問の模型があるのだとか。かのフランスの毒殺魔ブランヴィリエ夫人がされた水攻めもあるのだとか。彼女の場合は、全裸で四肢をすべて目一杯ひっぱられながらの水をひたすら飲まされるというものだったのだが、この博物館のはどうなのだろうか。
トルケマーダの異端審問、セーラムの魔女裁判。キリスト教の拷問の歴史は、中国のそれよりは、過激ではないが、十分な排他的な宗教観がみえて面白い。現在は、こういった行為は、戦争で行われていて、責任問題はうまく逃げられるようにしているようであるが、なかなか興味深い、人間の本質がそこには見え隠れしているようです。

いずれにせよ、私は明日バスにのります。1430分のバス。そして、明後日にはチリです。友人2人は今ラパス。残念なことに再会は海外ではなさそうです。1人はイースター。どうやら会えそう。楽しみです。

本当ははやくブエノスに帰りたいのに。
[PR]
by smwhr4thtmbng | 2006-03-30 04:02 | South America

Lima 風邪ひいた

相当やばいので、今日はここまで。
[PR]
by smwhr4thtmbng | 2006-03-29 12:07 | South America

カードが吸い込まれた。ついでにバスも止まった。

ここ、リマで明日よりペルー人の家にお世話になります。
何をしているのか!
と笑われてしまいそうですね。
なにしろ私はペルー人大嫌いなのだから。
でも、いいのです。
TUMBESにおいて私を助けようと(助けられなかったのだけれども)してくれたペルー人もいたので。

何が起こったのか?

日曜日の国境の町TUNBESでVISAカードが吸い込まれました。Cajero Automatico(ATMのこと)をひたすらボタン押し捲り。お兄ちゃんが、電話を銀行にしてくれました。でも、小銭のない私は、見事に電話きれてしまいました。というか、全部スペイン語だよ。厳しいよ。って、悪戦苦闘していると、兄ちゃんも消えていました。むごい。

さて、問題の国境はどうであったか?
ペルー人最悪というHuaquillasはエクアドルからの入国が厳しいのです。なんでか、Huaquillasの手前5Kmにイミグレ。ツーリストは私だけ、あらかじめ知らせておく必要ありなのです。朝5時に国境ごえ。もう若くないのに。つらかった。
Huaquillasの町では、すぐによってくるペルー人。偽札をたくさん握ってやってくる。ATMがペルー側にあることは知っていた。でも、見つからない。あきらめかけているとペルー人、ATMないよとのこと。ということはある。あるに違いない。でも見つからない。
そうこうして、40Km先のTumbesとの間にあるイミグレへ。歩いていくと40分くらいの場所。真っ暗。タクシーが必須。1USDとのこと。乗る。そして、ATM発見。ある。やはりペルー人だ。コレクティーボはその先は8時にならないと出発しないとのこと。実際にない。仕方なく、30SOl(約9ドル)でHuaquillasからTumbesへ。

Lima行きのBusはFlores。バス代足りないのでATMへ。そして吸い込まれた。まぁ、なんとかなったのでよしとします。

それでは、その後は?

Floresはうわさ通りの最悪バス。エンジントラブルでリマの端で2時間の停止。私はなんとしてもトイレに行きたかった。バスのおやじにぶちきれるも、移動経費に1Solなら出すなどとのたまう。うざい。なので、タクシーで宿へ。8Sol。とんだ出費だった。

リマは発展している。この国にこの町は不釣り合いだ。でも、夕方は美しい。やはりキューバなどとは違う。キトの田舎臭さが私は好きだ。そして、現在、リマで勉強している友人のファミリーにお世話になることが決まりました。

ペルーは南米でも有数の料理のうまい国ということを知っている方はそういないかもしれないですが、間違いなく、ここだけは工夫があるのです。なので飯と酒の好きな私としてはかなりこの機会は逃せないのです。

アルゼンチン、チリ、ペルー、ボリビア、パラグアイ、ブラジル、ベネスエラ、コロンビア、キューバ、エクアドル。あとウルグアイも行きますよ。

次の行き先ですか?私も知りたい。
金額の調査はしました。

サンチアゴは100USD。2日間
TACNAは60Sol。16時間。オルメーニョ。
Punoは160SOl。20時間。オルメーニョ。
Puno行きはArequipa経由で乗り換えならば安い。
Arequipaは32Sol。8時間。しかも学割で10%引き。Crus del Sur
ArequipaからPunoは50Sol。16時間。こちらも学割がきく。Crus del Sur
Tacna行き105sol。18時間。こちらも学割がきく。Crus del Sur

参った参ったなのでした。
さぁ、どうしましょう。
[PR]
by smwhr4thtmbng | 2006-03-28 09:02

Lima Ruta de Quito a Lima

from Quito to Huaquillas by Bus
11H 8USD You should take stamp of exit on this way out side of Huaquillas about 5km.

from Huaquillas to Tumbes via imgration of peru by Taxi
30H 30Sol (Morning time 5 O'clock)
You can find ATM in Border of Peru.

from Tumbes to Lima by Bus(Flores<-Too bad)
20H 60 Sol

金額は以上の通り。最悪のペルー人との格闘はなんとか終わりました。
ここはリマ。ちょっとペルーには不釣り合いな感じです。

その点、キトはクスコを少し大きくした感じのよい町でした。ただし、雨が多すぎました。Joseというネットカフェの兄ちゃんと話をすることが多かった日々でしたが、やはり、キトは趣のあるいい町だったということでしょう。さて、リマは?
昼飯は、なぜか中華でした。お姉ちゃんの黒ブラが見えるかなりスケベなレストラン。香港人のおっさんの店でした。お腹いっぱい。

とりあえず、飛行機でブエノスに帰るということはほぼ無理となりました。
450ドルが最安。というわけで、イースターの後にブエノスに行くことになりそうです。困ったものです。

そして、チリへはいつ入りましょう。悩むところです。
[PR]
by smwhr4thtmbng | 2006-03-28 03:49 | South America

旅人の足跡をみつけて

アフリカ、南米、中米、アジア、中東、ヨーロッパ。
あちこち旅した。
たくさんの人と出会った。今でも付き合いのある人も意外といる。不思議なことだ。

そして、中米、アフリカで会った友人の足跡は、南米でたくさん見かけた。私は少し遅く訪れたのだ。シウダーボリバルの代理店の張り紙。多くの宿に残された情報ノート。そして、再び訪れた旅人の知り合いにいたり。

そういった中に私も含まれていくのだろう。

私の旅はもうすぐ終わり。もうやる気がないから。
だけど、もう少しだけ旅がしたい。

だから、少しだけ休みを日本で取ろうと思う。
友人に会いたいとおもう。私と会いたいという友人がいる。私には帰る場所がある。
[PR]
by smwhr4thtmbng | 2006-03-26 05:20 | What I think about

このまえのブログの回答

やはり、もうどうしようもないなら仕方ないのです。
移動して、人とぶつかってなんぼです。

ここから下はもうインディヘナの国です。期待なんかしてはならないのです。
コロンビアとはもう別の国。早いとこ、アルゼンチンへ逃げます。
私の大好きな国。アルゼンチン。

ブラジルは疲れるが、楽しい。
コロンビアは落ち着く。
アルゼンチンは同様に落ち着く。

来年のカーニバルにもう一度、1ヶ月から2ヶ月でこの3カ国は回りたい。
これが私の現在の気持ち。大きすぎの2つの国と、回っていない国。

そして、今の私は食傷気味なので、今度はポイントを絞っていきたい。
旅の最後は南米なのだとおもう。しかし、また来れるのだろうか?

楽しい思い出は明日への希望。アルゼンチンが私を今支えてくれています。
でも、帰りたい理由は預け荷物のためです。

VICTORIAというブエノスの宿で先日盗難があったとのこと。それが、私にとってかなりきになるのです。どきどきです。時間的に厳しくなったら、先にチリに行きますけど。

動けるうちはまだまだ動きますよ。
私の旅はもうそろそろで一休みなので頑張らなければ。
[PR]
by smwhr4thtmbng | 2006-03-26 00:10 | What I think about

スキミングでもないみたい

やはり情勢の悪い、エクアドルであるため、ATMがおかしいかったのだろう。すなわち銀行のせい。銀行口座の確認完了につき、そう結論づけた。

本当にあせった。

昨日、レストランで見たニュースではエクアドルとコロンビアの国境はまだ緊張状態のようだった。まったく、困ったものだ。
[PR]
by smwhr4thtmbng | 2006-03-25 23:23 | What I think about

なんというか、こういうときってどうしたらいいのか。

変な話ですが、本気できついです。
ここに誰もいないのがありがたいのです。

理由ですか?
いろいろあります。

宿探して、近所の人に聞くと、笑いだして、子どもまで一緒にひたすら笑う。
そして、回答なし。

道を聞いても、誰も本当のことを知らない。教えてくれても合っていない。

今は、聞きたくない曲が町に流れる。

お金が微妙な状況。

そして、私が感じることのできる5感は今、信じがたいほど鈍っている。
感動できない。ただ、つらいだけ。

まさに鬱。

これから、南米の悪人の巣窟ペルーへ向かいます。いい人もいるけど、悪い人多すぎ。
私は、かなりキツい。

くだらないことをいろいろ考える。
いろいろな些細なやなことが訪れる。

仕方のないこと。これが旅だし、自分が受け入れたこと。
あと2ヶ月。私はそして、言い訳のできない自分の決めた年齢になる。
日本で向かえる誕生日は私にとってどんな意味をもつのだろうか。
おそらく、いつもと同じだろう。暇をもてあまし、ホセとホセの親父と話をする。

エクアドルの夜はきれいである。キューバはライトアップしないが、ここはするから。
そして、ここの方が危険らしい。今、気をつけなければならないほど私は落ちている。
[PR]
by smwhr4thtmbng | 2006-03-25 09:34 | What I think about

けっこうやばいことなってます。

お金ですが、かなりやばいのです。
ここキトでお金を下ろそうとしました。

このトランザクションでは1.5ドルしかありません。

グジャキル銀行のATMでそう言われました。かなりあせりました。
そして、手持ちのお金ですが、40ドルない。200ユーロしかない。10000円分のチリペソ。
20ドル分のアルゼンチンペソ。500ドルのTC。チェ札4枚。
役に立ちそうなのは、ドルとユーロのみ。

もしも、スキミングをどこかでされていたら、かなりやばいです。相当やばいです。まじでやばいです。カードをとめて、カード会社に申告。でも、旅の最中。どうやって、送金のタイミングあわせましょう。

カードだのみというわけではなかったのですが、コロンビアでドルを作ったりしたのも、キューバで実験してもうほとんどないのです。

明日、ワキージャスです。8ドルでいけるのですが、イミグレはなんと町から5KMのところ。
なんとしても、あさってにはリマです。300ドル以下でアルゼンチン!なんとかなるでしょう。

本当に?
[PR]
by smwhr4thtmbng | 2006-03-25 09:02 | What I think about

キューバの報告

ただいま、Ecuadorの首都Quitoにおります。

ここまでの報告です。コロンビアのボゴタ以降のです。コロンビアのボゴタはひたすら大学生やらのお尻おいかけて、話をした女の子たちの気さくさに心打たれ、ここは男の旅人の沈む場所という理解を深める。かわいいというのは、話、しぐさ、笑顔といったものすべてがあってはじめて表面の美しさがさらに増すもの。私は、ここでそれを見た気がしました。

さて、問題のキューバです。

○初日
ラ・アバナ(ハバナ)に夜の11時到着。空港で荷物待ちの間、一回パスポートチェック。
学生というと、年をとりすぎと言われる。大きなお世話。
荷物をとり気を取り直すと、再びチェック。どこから来た?いくら持ってきた?
ボゴタから。顰蹙。ほかの旅の経路まで聞かれる。
400ユーロ。ちょっと来い。別室へ、連れて行かれそうになる。おいおい。
パスポートを取り替えそうとごねると、別の係官。彼は、英語。理解をしめし通過。うざい。
マレコンというとおりはバイーア(湾)に面しており、美しい。そこに、日本人宿がある情報を得ていたため、いく。タクシーは30CUCと言われるものの、ツーリストインフォは20CUCといったとごねて、なんとか20CUCでいく。ちなみに、1CUCは約1EURO。激高。
宿はなかった。すると、暗がりからキューバ人。男。宿を紹介してくれた。
ドアをノック。男出てくる。見たところアジア系。10分待て。ドアの中では、毛布に包まった女。
どうしてなのかな。こんなんばかり。そして、一言目、キューバに女はいるか?

そして、そこに3泊。20CUC(1泊あたり)

○2日目
町歩き。VEDADOという新市街にも行く。HABANA VIEJAという旧市街にも行く。
それほどの光景はない。葉巻を吸っているおやじ、おばば。古き、ぼろい車。ちょっとしたBUENA VISTAがそこここにあった。NET屋を探して、友人に宿情報を送ろうとする。
1時間4.5CUC。30分3CUCも発見。高すぎる。
検討の末、Trinidadへ行くことに。現地のバスで行こうとチケットを探るも、だめの一点張り。
仕方なく、代理店へ。25CUCで5時間のバス。
夜、CASA DE TROVAに行く。無料で演奏を聴けるとのこと。
モヒートを一杯飲むことが必要らしい。しかも、3CUCなのに、プラスチックのディスポーザブルコップ。演奏は?まずまず。演奏家が執拗にCDを売りつけてきた。
いい演奏家もいたけど。

○3日目
気を取り直して、再度町歩き。革命博物館、Bellas Artes(革命博物館の近く)に行く。
これが、いずれもよい。満足。Hasta la Victoria Siempre(いつも勝利まで)。ほほう。
コインにもみな、Patria o Muerte(祖国か死か)。怖い。
そして、CHEコイン、CHE紙幣をゲット。現地の飯は安く。ピザが一番まともな味。
ジュースはおいしいオレンジジュース屋(Consladaにある)。しかも、ここはCHEの紙幣をよくくれる。
夕方、キューバの女を紹介してくれるラサロという男と知り合う。ボクサーの先生なのだとか。
家に連れて行かれてからいろいろ話をきき、とりあえず、逃げるようにして外へ。
気分悪く、Casa de la musicaのあたりでスケジュール確認。
空港行きのバスを探りに行くと、1CUCで空港へいけるとか。
その付近で、英語の先生と知り合う。日本語も勉強したいのだとか。ちなみに、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語が話せる。でも、ホモっぽい。
そして、彼の友人がピアニストをしているスペインレストランに行くことに。待ち時間が30分以上経って、帰ることに。執拗に追いかけてくる。怖い。
振り切ると、売春婦たち。カピトリオの前には多い。客引きの男が、通訳するとか。スペイン語で話をして、振り切る。困ったものだ。
宿ではドイツ人が朝3時に帰宅。音楽ボリュームを上げ、眠れなくなる。しかる。

○3日目
朝一で例のバス(空港行きと同じ)でバスターミナルへ。非常に密度が高い。暑い。200%くらい。
奴隷のようだ。
いよいよ、トリニダーへ。バスはすべて、旅人。
トリニダーでは宿の交渉。6軒目で決定。朝食、夕食がついて18CUC。でも、おばちゃんヒゲはえてる。しかも、スラムっぽい場所。夜は見事に停電。そして、野球が盛り上がる。キューバがドミニカに勝ち、ちょっとしたパラデーロ。夜は、Casa de la musicaでのんびり音楽を楽しむ。
同じ宿のベルギーの女の子。スペイン語、英語大してできないが、私にあなた話せる?と自慢気。太りすぎで、かわいくなかったため、完全無視。キューバ人の彼ができたため、長期で滞在しているのだとか。そして、いつも、朝帰り。私は、韓国戦みて、アバナに帰ることにする。

○4日目
見るものがない。旧市街は3時間で見切れる。日本人の大学生の男の子と知り合う。
一緒にCasa de la musicaに遊びにいく。キューバ人の私と同じ年くらいの黒人とサルサ。
体が密着して踊るため、ちょと腰が引ける状態に。休憩をさせてもらい、逃げる。

○5日目
アバナ。宿探し。よさそうな宿があった。私はテレビがほしかった。WBCの決勝があるから。
紹介されて、行った宿はゲイのおじさん(スキンヘッドでシースルーの服)と彼の恋人の金歯の男の子。いまさら、いやと言えず、しかも、3泊。親切でやさしいが、本当に長く宿にいたくない。ボゴタの友人と再会。彼は、スペイン語ができるため、久々に楽できる。南米では、たいていブラジルもそうだが、私が通訳だったため。これで勉強になったのは確か。
一緒に適当に歩く。お互い、見るもののなさにがっかりしている。オカマやら売春婦らのあたりを通り過ぎていく。きつい町だ。Parque Centralでは大いに盛り上がっている。
野球はゲイカップルと見る。想像できるリアクション。きつい。でも、問題なく野球は終わる。

○6日目
野球の影響はある。Japonチャンピオンとよく言われる。この国だから大丈夫だったようだ。
VEDADOでジョンレノンの公園やらネクロポリスやらを見てくる。帰りはバス。発狂しそうになる。
ソシアルクラブへ行ってみる。木曜に演奏あるらしい。
革命広場に行くと、キューバ代表のパラデーロ。女子高生やらが泣いていた。
そうそう、ここは女子高生の制服がかわいい。とにかく短い。一応、ずぼんなのだが、スカートのように見える。学校によって違うのだろう。色が少し異なる。そして、みな細い。
ここで、もうひとつ。ここには、コカ・コーラはない。CIEGO Monteroというイランのザムザムのようなものがある。でも、甘すぎない。でも、これらは高いので、いつも、路上のコップで飲むタイプのジュースを飲む。1MN(Moneda Nacional)。1CUCが24MNであるから、相当安い。MNがいわば、人民ペソと呼ばれるもので、それ以下のセンターボも存在する。旅行者はほとんど、このセンターボには用がない。
町は開放的である。玄関に人が良く座っている。おやじ、おばば、女の子(パンツ丸出し)。そして、道は犬の糞だらけ。ボゴタの人糞と同様、目をひく。
男の子は野球。ピッチャーは本気で投げる。しかも、バッターは思い切り振る。ここは、みな野球が大好き。
さらに、忘れてはいけないのが、ここは、本当に、ものをみなで分ける。ジュース一本おごると、友人と均等に分ける。アフリカなら、もらった子は走って逃げる。

ところで、革命は成功か?
失敗。間違いなく。人々は、話をしてみるとかなり困っている。早く現行から、変わってほしいとのこと。ちなみに、月収は15ドルから20ドル。
コロンビアが200ドルないくらいが最低賃金。パラグアイでさえ、250ドルが最低賃金。
ブラジルは公務員は1000ヘアルだから、500ドルくらい。アルゼンチンは最低賃金250ドル。
おまけですが、ベネズエラは平均的な給料は100ドル以下です。
宿代やら、女性のお値段なりも調査の対象にしている私です。絶対になくならない商売は指標になるので。あからさまに、キューバはおかしいのです。

○7日目
Bellas Artesのもうひとつの方に行く。こちらはグレコ、スルバラン、ベラスケス、ムリリョ、レアル、ゴジャといったスペインの画家が充実。もちろん、オランダ、イギリス、イタリアなどもある。
そして、マレコンで水につかる。
夜、友人がCDを買いたいということで、知っている店をあたる。ミュージシャンには何人も会っていたが、日本語を勉強している男に会ったのは初。しかも、かなり話せる。そして、エロい。
ミュージシャンの男の人とスペイン語勉強中の日本人女性と話をして宿に帰る。

一日はかくて過ぎていく。

○8日目
ゲイのおやじがノックして起こしてくれる。おきてはいたのだけれども、ドア開けると例の笑顔。こわい。かなり激しいレベルのゲイなので、やさしいし、きれい好きなのだけども、きつい。
タクシーで空港へ。20CUC。空港税が発生することがわかり、再両替。25CUC。

以上が私のキューバ体験でした。なにもしていない時間は、友人と二人で女の子を眺めていました。
露出が多く。ノーブラなりで、かなり興ざめでした。二人でやはりコロンビアだ、と繰り返していました。

そして、キトですが、本日、なんとか、赤道行ってきました。
あれはなんなのでしょう。博覧会?よくわかりません。スタンプ、もらいました。間違えて違うのもらい、再度押しましたけども。

ところで、キトからブエノスアイレス行きの飛行機は高すぎました。600ドルが最安。無理です。
というわけで、ペルーのリマに明日にでも向かいます。これからバスのチケット買いに行きます。5軒じゃきかないくらいまわり、学割も確認した結果です。

ブエノスの友人。もしかしたら、私はフルスロットルでボリビア越えするかもしれません。
リマで300ドル以下があることをいのります。

キト。道を知らない人だらけ。道を正しく教えてくれた人はいまだおらず。聞く相手を誤ったのか。でも、まぁ、いい場所です。ドルが通貨なので、エクアドルドルです。USDが通用します。というか通貨です。おかしい。

有名な宿スクレは、警官とのいざこざで今週は閉鎖しています。街中に戦車やら、ものものしい
軍人が多いのが、この町のやなところです。コロンビアとの兼ね合いで現在、北の国境は閉鎖。早いとこ、ここはでなければならないようです。

長くなりましたが、暇なので。
[PR]
by smwhr4thtmbng | 2006-03-25 05:53 | Central America