ハイビスカス

a0040401_2221527.jpg

西アフリカ(モーリタニアからナイジェリアまで)、エジプトからスーダンにかけてでこのハイビスカスジュースあるいは、ハイビスカスティーを飲んだことがないといういう人はいるのだろか。
水のような金額でしかも、酸っぱくって、砂糖も相当入っているだけに、暑い砂漠の地方ではよく飲んだものでした。

西アフリカではビサップ(Bissap)、北東アフリカではカルカデ(Karkade)というのですが、水出しも可能でしかも、相当なビタミンが多いこともあり、煮出しでもしないとかなりのビタミンCを摂ってしまう。女性のしみになりかねないともいえるので、気をつけるとよいかもしれない。

エジプトではチャイハネにて出てくる。しかも安い。
スーダンでは道端でポリタンクで売っている。安い。
西アフリカではジュースの瓶の使いまわしや、ペットボトルが多い。しかしながら、圧倒的に多いのは、写真のようにビニールに入っているもの。エコロジーなどまるで関係ない。そして、安い。ひたすら安い。
私は、これ以外にジャンジャンブルをいただいていた。
ジンジャーのことです。すなわち生姜です。ジュースにしても、ぴりりとしていて、それでいて、予想通り砂糖が多く入っていて、粉っぽくてうまい。安い。
牛乳のようなものも売っているが飲んだことはない。いや、モーリタニアで飲んだものと同じだと思う。守衛をしている男の子がボールで作っているのを飲ませてもらった。粉ミルクのようだったが、薄いしあまりおいしくなかった。
この地域はとにかく、ビニール売りが多い。水も。たまに、黄色に近い水もある。
スーダンのは茶色だけども。
a0040401_2231584.jpg

こんな感じで売っていることもある。
でも、やはり、スーダンの水ものせておくべきかもしれないので以下。
a0040401_22361036.jpg

ミネラルたっぷりのお水です。ざらざらします。
[PR]
by smwhr4thtmbng | 2006-10-19 22:36 | Africa
<< Mali Soufi Guinea ギニア、大好きだ! >>