Bogota 気分の悪い夜から岩塩教会へ

昨夜は、宿で知りあった旅人と侍やに行くことにしたのですが、なにかと理由をつけて時間を遅らせられてしまい、結局バス乗る寸前にキャンセルとなりました。だって、夜8時から侍やは少し遅いのです。行くまでに一時間もかかるのに。

そして、時間あまっていたので、ピシーニャのあたりを歩くことに。当然、顔見せくらいはと思っていたのに(だって、制服きたギャルがいるとか)、

金もってきてないです。

おもしろい人でした。そういう場所へは、なにもしなくても、お金は持っていくものです。(お金がないと、ただのひやかしとなり、こういった業界は裏があるので、寧ろそういった行為は危険な場合があります。ちなみに、コロンビアでは風俗は合法ですが。)そして、

行きたいならどうぞ。

夜道ものんびり歩くし、オドオドしどおしで、話す相手を誤りました。
のり悪すぎです。

日本のラブホテルの通りみたいでした。中を遠目から見ましたが、ネオンのあかり、
そして、兄さんいました。女の子見えず。残念。

ちなみに、相場は20分で20000ペソ。1$が2254ペソなので、安いですね。
ただし、顔見せは1000ペソだそうです。

てなわけで、気をとりなおして、シパキラに行ってきました。ポーランドの方が好きです。こっちのはあまり工夫してないから。でも、なかなかいい場所でした。ガイドのハビエル君は英語うまいし、よく勉強していて会話が楽しかったです。

今日は選挙なので、私一人にガイドも一人。最高でした。でも、ボゴタの博物館やら、美術館は全て閉鎖していました。昨日、黄金博物館行っておいてよかったです。無料だから日曜にした彼は月曜日に出るとか。

いいものにはお金を払ってでも見にいきましょう、ということでしょう。
[PR]
by smwhr4thtmbng | 2006-03-13 05:30 | South America
<< Bogota 私を抱いてそして... Santa Fe de Bog... >>