AMOR en OR

a0040401_1844980.jpg

写真はベナンはコトヌーのメインストリートで見かけた看板。

David Ramelの曲でAmor en Orがある。
Zoukといわれるジャンルで、アフリカ音楽の中では、ラブバラードに属する。カボ・ベルデ、西アフリカ全般、ケニア、ジンバブエなどでも見かけるほどアフリカでは東、西、南に幅広くある。

ジャンルわけという考え方がおかしいのかもしれないが、電子ピアノを使い、みなが思うアフリカ的ではない楽器を利用し、メロディもアフリカ的ではない。しばらくアフリカにいればそう感じることはなくなるのだが、この辺は言っても仕方のないこと。

ロンリー・プラネットでいうところのカボ・ベルデでポピュラーなのがこのジャンルのようだ。

どうして、こんなアフリカっぽくないのを聞くのか?

夜、暗い街のバーで肉串を食べながら、うまくもない薄いビールをのむ。そこには、愛を語らう(ただやりたいだけなのかもしれない)おじさんやら、お兄さんが、娼婦や夜遊びの好きな女の子に声をかけている。明るさなどないバーの中と外には感情表現豊かな人々が楽しい夜の酒を楽しんでいる。そして、このZoukが流れる。私の席にはだれも来ない。

現実とはそういうものだ。私はこの音楽を聞きながら、みなの楽しんでいる音を楽しむ。そして、一本のビールをのんびりといただく。西アフリカをまわると思うことがある。

ラブ・ソングはなんでこんなに甘いのだろう。そして、電子ピアノのこの陳腐にも聞こえてしまうB級ソングが私の心をつかんで話さないのだろうか。

音楽ってそもそも完成度がどうという問題ではないのはわかっている。でも、欧米もそうだが、日本にはこの微妙なテイストの曲が入ってこない。アフリカの彼らはみなが歌がうまいわけでもないし、みなが踊りがうまいわけでもない。でも、あの人々の語らいのなかで聞いた曲は私にとって間違いなく名曲だ。

そして、今もたまに私が2ドルも出してかってきたCDが部屋に流れる。でも、私が楽しむのはそのときの情景だけでしかない。

私のアフリカはまだ色あせていない。そして、これらはいつまでたっても色あせないものとして私の中に生きていく。それでいいのだと思う。
[PR]
# by smwhr4thtmbng | 2007-08-06 18:19 | Africa

遠く

この数ヶ月、旅とは離れている。

旅をどうのこうの言うのは、どうかと思うことがあるのだが、私は若輩者だから許してもらいたい。

一応、私の思うところでは、旅と旅行は違う。

私のそれは、ずっと旅行だったのだけれども、気がつけば、どこかで旅にもなり、冒険にもなっていた。その段階で、もうそれは、私にとって人生の一部になっていたように思う。

だから、どこかで、もう普通の人生は歩めないような気がしていた。
今、私は普通の人生を歩んでいる。それは、ささやかな喜びや悲しみといった4つの感情がランダムに訪れるものという意味では旅をしていたときと、なんら変わりのないもの。でも、なにかが足りない。私はいつも何かをするときは、必死になって歯を食いしばって、そのときを乗り越えることを当たり前と思っていた。でも、なにかが足りない。

ずっと考えていた。

おそらく、私にとって海外に出るということは、常に持っていた目的を達成するためのものであった。今、この時とは異なるものだが、なにがしかの目的がなくなってしまっているのではないかと。

そして、考えてみる。

答えなどすぐにでてきなどしない。
出てくるとしたら、手前味噌のそれでしかない。

なんだか、体温があがってくることがここ数週間ある。
浮かびかけているあのこと。できるかどうかわからないが、私にとっての本当の幸せ。

遠く。
遥か彼方へ。

そう、旅ではない。旅行でもない。
でも、まさに、それは旅のようなもの。

面白くない日々があるのなら、面白くすればいい。
面白い日々があるなら、さらに面白くすればいい。

ただそれを実現するためには、いくつか自分の中で砕けていくなにかを、日々失わないようにすることが大切。

いつだって、子供のような目をもっていたいものだ。

ただ、こういう気持ちになれたこと、それは、私が恵まれた環境にいるからなのだ。
明日がやってくる方向が少しわかってきたように思う。

計画は少しずつはじめます。
[PR]
# by smwhr4thtmbng | 2007-06-28 23:42 | What I think about

ここにいる

いつだってそう。

この3年間どこかにいた。

どこがよかったのかな。

今となればどこもよかった。

そして、私は記憶を取り戻す。

よいものはよりよく。
悪いものはより悪く。
映像で思い出せるものはそのまま。

意外と情報は間違っていない。

ただ苦手なことはある。
人の顔。
名前で覚える私。
どうしても、顔はぼやけて記憶してしまう。
視力の悪い目でみた顔。

彼らの瞳に映る私も刹那なもの。
記憶はどこかに消えていくのだろう。

こんなことを考えるのは旅以来。
写真をアップしようと見たせいか。
パソコンの中だけのセンチメンタル・ジャーニー。

a0040401_743272.jpg

タイのバンコク。カオサンにある10バーツ(30円)で飲めるジュース屋。
[PR]
# by smwhr4thtmbng | 2007-05-03 07:54 | What I think about

いうまでもなく

久しぶりの旅行です。

短いです。

少し旅行らしいことをしてみます。

名残おしいものです。

意外と怖いのが近所にでかける気分できてしまったことくらいですかね。
[PR]
# by smwhr4thtmbng | 2007-03-02 15:38 | Asia

皇居へ

東京にいながら東京タワーも皇居も入ったことがなかったのですが、とうとう皇居は行きました。申し込みをすれば無料でガイド付で案内してもらえるのです。
桔梗門から入り2.2キロを1時間15分かけてまわります。
a0040401_003461.jpg

1月1日、12月23日にはここに一般参賀があるようです。
a0040401_005672.jpg

とにかく、植木の手入れもすばらしいし、建築物も見る価値ありです。

受付は人数制限があるので早めに予約していきましょう。

そして、私はアキバへ行きました。↓
萌え~とはこういうことなのか?
[PR]
# by smwhr4thtmbng | 2007-02-27 00:04 | Asia

ボクもやっていない。

私の母に電話がかかってきたそうです。去年のことです。

私が痴漢したとのこと。そして、勤めている会社に伝えれば、会社での立場も悪くなるでしょう。相手も示談でかまわないということを話しています。

母は、いつからその会社で働いているのか聞いたそうです。会社名があっていたからです。ただし、私は一年前に辞めていました。そして、私はそのころ海外にいました。

ついでにおまけですが、私は会社時代は通勤は歩きで、会社へは歩いて通っていました。会社の名前は誰が伝えたのでしょう。個人情報だというのに。


他には、私が交通事故を起こしたというもの。海外にいる私が日本にいることになっていたこともすごいことですが、私は車も持っていない。

のんびり母と話をする機会が多い、今日このごろ、なかなか面白い話が出てきます。


父も受けたことがあったのだとか。
相手:「○○だけど。」
父:「どこの?」
がシャンときられたそうです。
父は、その後、どうしてきられたのかよくわからなかったのだとか。


そして、帰国後、私も私自身からの電話を受けました。
これは先に書いたのでいいでしょう。

変なものです。ただ、大学、会社ともに、誰かが私の住所を売ったことは間違いないです。なにしろ、住所録に載せていないのにかかってくるのですから。

ちなみに、オレオレなどと私は言いませんので、その時点でばれます。
まだ似たような犯罪があるようです。日本も物騒なものです。

ブログはちまちまとやっていきます。
[PR]
# by smwhr4thtmbng | 2007-02-12 14:17 | What I think about

深い眠りに

あけましておめでとうございます。

メイン『とりあえずどこかに』のブログを休止いたしました。

こちらもサブ『とりあえずどこかに - smwhr4thtmbng』とはいえ、mixi同様、休止にいたします。

これからはしばらくの間、別の本当の日記帳だけにします。
長いお休みです。

今までありがとうございました。

また会う日まで。
[PR]
# by smwhr4thtmbng | 2007-01-01 00:38 | What I think about

今日を楽しめ

Carpe Diem(今日をつかめ→今日を楽しめ)という言葉。
14、15、16世紀、ヨーロッパがペストの流行などから混沌としていて、それでいて文化が再誕生(ルネサンス)、正確にはイスラムの文化を受け入れることにより宗教的フィールドを科学的フィールドが覆いかぶさりはじめたころ、ヨーロッパ世界はまだラテン語が勉強の基本の言語でした。現代の英語のようなものです。ドイツではパラケルススといった医学者がラテン語を使わない授業を行ったり、マニエリスムが誕生したこと、宗教革命が起きたのもローマが築き上げていたバベルの塔の崩壊が迫り、新たなる時代が迫っていたからともいえるのでしょう。
そんななか、16、17世紀でもエドマンド・スペンサーやロバート・ヘリックのような今日を楽しめいったCarpe Diemの考え方は、小野小町の一句を髣髴させる美しいものです。2006年、私は2004年から続けたこの身勝手極まりない生活の原点にあったものが、今を大切にするというものでした。

『昨日、明日より今日という日が一番よき日であるように。』

未来のことなどわかりません。過去のことはよければ、さらによくし、悪ければよくする。ただそれだけのことなのです。

いらないものもたくさん持っています。でも、その一つ一つは大切にしていきたいものです。それが、今日という日を形作った要素でもあるのですから。

2006年、リセットする気などありません。ただ新しいことをするための基盤を毎日、しっかりとこなしていきたいと考えています。

2007年、みなさんにとってよい年となりますように。

a0040401_0444511.jpg

写真:ギニア・コナクリにて
[PR]
# by smwhr4thtmbng | 2006-12-31 01:03 | What I think about

もう少しだけ

先日、1年以上ぶりに友人からメールがきました。
前に失礼なことをしてしまったこともあり、その後、数度のメールのやり取りの後、完全に音沙汰がなくなっていました。

「今度遊びにおいで」

短い文章でしたが、うれしいことでした。
このところ精神的に参っていたこともあり、お酒を飲む機会にはいつもより飲みすぎてしまう傾向にありました。電車ではっと起きると目的地ということが多々ありました。
どうやら早いところ就職でも決めて、みなに報告をしなければならないようです。
パーティだとかは苦手ですが、気の合う友人らと少し浮かれたいと思っています。

それでは、よいお年を。

下の写真は私が一番好きな場所のひとつです。
a0040401_16221814.jpg

[PR]
# by smwhr4thtmbng | 2006-12-30 16:36 | What I think about

バックパッカーのつもりは

帰国して早3ヶ月。財布の中身は減る一方で、体重は増える一方です。
この3ヶ月、古くからの友人、研究室の友人、前の職場の友人・諸先輩方、旅で知り合った友人との再会がありました。多いのは、やはり旅の間で会った方。私もバックパッカーであるという風に言われます。実は、もう気にしないようにしているのですが、私はバックパックを背負ってもバックパッカーの意識はないのです。正確にいうと、バックパッカーと言われるのがあまりうれしくないのです。もちろん、安いドミトリーの宿に泊まってもバックパッカーの意識はないのです。たくさんの旅人に会いました。もちろんその中にはバックパッカーは多くいます。みなとやっていることは同じようなものです。ただ、言葉のニュアンスの問題なように思います。私が受け付けたくない部分がこのバックパッカーという言葉の一般的な、あるいは、正確に言うと主観的な意味に内包されているのが原因だと思っています。
こんなことを言っているうちはまだ毒が抜けきらないように思います。今年中になんとかしなければ。
[PR]
# by smwhr4thtmbng | 2006-12-25 12:47 | What I think about